スポンサーリンク

稽留流産手術当日の流れや費用は?手術後の生理再開はいつ!?

第2子を授かったのですが残念ながら流産してしまいました。

稽留(けいりゅう)流産との診断でした。

流産は15%くらいでよくあることと言われましたが、正直とってもショック。

今日は悲しいお話になりますがどなたかの参考になれば幸いです。

こんな方にオススメの記事です!

・稽留流産と宣告された方
・流産の手術予定の方(掻把手術)
・流産後生理はいつ来るのか不安な方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠が分かった日

妊活をしていたのでフライング検査で生理予定日に決行し陽性。

生理予定日+7日後の推定5週にも再度妊娠検査薬を実施し陽性判定でした。(逆転現象)

着床出血?

高温期10日目頃に茶色の出血が少量ありました。

パイン
パイン

1人目の時は着床出血はなかったので妊娠検査薬は陽性でしたが

これが本当に着床出血なのか不安でした。

スポンサーリンク

初診

推定5週6日に初めて診察へ。

胎嚢は無事子宮内に確認されましたが週数より小さ目10mmでした。卵嚢黄も確認できす。

パインちゃん
パイン

小さい。大丈夫かな?不安

排卵も予定より遅れ(D23)で排卵した。

スポンサーリンク

稽留流産を宣告された日

推定8週2日に受診。

胎嚢は20mmほどになっていましたが、卵嚢黄も胎芽も確認できず

胎嚢の週数的に7週の大きさ。

この時期は、卵嚢黄・胎芽・心拍も確認できる時期なので稽留流産の可能性が大きいと言われました。

1週間後もう一度診察して確定するけど稽留流産の場合手術になりますと。

当日または後日手術で来れる日をとのことだったので当日お願いし同意書を手渡されました。

スポンサーリンク

手術前日 

21:00より禁食

24:00より水分も一切中止

パイン
パイン

朝から喉がからからでしたが

うがいをして口を潤しました。

スポンサーリンク

手術当日

当日の持ち物

・ナプキン(多い日用)

・生理ショーツ

〈プラスであった方が良かったもの〉
飲み物
・イヤフォン
(赤ちゃんの声もよく聞こえてきたので聞きたくない方は音楽など聴く機械やイヤフォン。
 

手術までの経過

当時は、麻酔を使うので送り迎えかタクシーで来てください!!

パインちゃん
パインちゃん

たまたま休みだったちくわさん(夫)に送迎を依頼しました。

  • 8:30
    病院到着 採血(貧血検査)
  • 8:45
    医師の診察 

    診察結果「稽留流産」確定。子宮口を開く処置を実施。

    経産婦ということもあるのか一瞬「チカ」っとするような痛みはありましたが激痛ではなかったです。

  • 9:00
    病室へ案内され用意されていた服に着替えました。

    手術までゆっくり過ごすように指示される。

    特にすることもなく携帯を触って緊張を和らげていました。

    部屋の選択は聞かれませんでしたが個室でした。

  • 11:00
    手術室へ移動

    点滴を開始する(水分補給的な物)

    先生が来て麻酔入れを手術を開始する

    看護師さんが麻酔を入れるのでゆっくり数を数えてください

    パイン
    パイン

    1,2,3,4,5…14,15、16

    これ以降記憶がないです。

    手術が終了し気づいたら病室に戻っていました。

    手術自体は10-15分で終わるそうです。

    終了後看護師さんたちがストレッチャーに乗せ病室まで運んでくださると説明を受けました。

  • 12:00
    目が覚めた時は頭が重い感じで

    事前に看護師さんに麻酔が完全に冷めるまでは頭を動かさないようにと言われていたので

    そのまままた眠りました。

    麻酔が完全にさめない間に頭を動かすと吐き気が出ることがあるそうです!

  • 13:00
    完全に麻酔が覚めトイレに行きたくなりナースコール

    看護師さんの付き添いでトイレへ

    パイン
    パイン

    この時から水分OKだったので持っていたので飲めました♪

  • 14:00
    術後の診察

    診察は数分で終了し帰宅

 
パインちゃん
パインち0

帰宅後。お腹が空いていたのでご飯!!

スポンサーリンク

手術後きをつけること(産院で説明されたこと)

✅手術当日、翌日は自宅で安静

✅入浴は3日目までシャワー。以後出血が多くなければ入浴可能。

✅手術後最初の月経開始までは避妊すること。

✅発熱、出血量が多い、痛みが強い等あれば受診すること

✅飲み薬を服用すること(子宮収縮剤と抗生剤3日間分)

スポンサーリンク

流産手術の費用

実施した手術は、子宮内除去術(掻把術)でした。

金額は、約8500円でした。(薬代込み)

スポンサーリンク

手術後1週間後診察

診察では、まだ血の塊はあるが綺麗になってきているとのことでした。

経過は良好なので、今日で診察は終わりになります。

生理を2回見送り後次の妊娠を考えて大丈夫です!

術後1回のみで診察は終了となりました。

ネット調べると、流産の手術後1~3周期見送り指示とばらつきがありましたが、

私が通院した病院は術後の生理2回見送り指示がありました。

スポンサーリンク

手術後出血

手術当日はほぼ出血なし。

翌日から赤い血が中等量(生理3日目くらい)が手術後5日間続きました。

術後6,7日と出血はなかったのですが、術後8日目でまた赤い血が再び再開。

術後11日目より茶色の出血にかわり術後14日で出血は止まりました。

スポンサーリンク

手術後の痛み

手術後から痛み止めを飲むほどの痛みはありませんでした。

重い物を持ち上げたり腹圧がかかることをすると痛みが術後1週間は増強しました。

スポンサーリンク

手術後の基礎体温

術後高温期であった体温は下がり低温期になりましたが一向に高温期にならず生理が来ました。

おそらく無排卵だったのではないかと思います。(病院へいってないので定かではありません)

スポンサーリンク

手術後の生理

術後34日目に生理が再開しました。

(流産前の周期28日~34日)

血の量は多かったです。塊はほぼなくサラサラした血でした。

1日目は少なかったのですが、徐々に多くなり9日間生理が続きました。

パイン
パイン

2,3日目はナプキン頻回交換で出血量は流産前より多かったです。

医師には、流産の手術後1か月くらいでくるはずと言われていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました