スポンサーリンク

プロ野球12球団の親会社~株を買うならどれ?セ・リーグ編~

こんにちは!ちくわです♪

プロ野球、2022年もいよいよオープン戦始まりましたね!

日本プロ野球12球団を所有しているオーナー企業12社で、もし投資(株式投資)するならどこがよいのか?

日本シリーズで優勝したって、業績ボロボロじゃ意味ないぜ!(←誰目線!?w)

・・・と言うことで、12社を比較してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロ野球の親会社一覧

セ・リーグ(2021年順位順)

チーム名親会社今回採用する銘柄
ヤクルトスワローズ㈱ヤクルト本社ヤクルト本社(2267)
阪神タイガース阪神電気鉄道㈱阪急阪神ホールディングス(9042)
読売ジャイアンツ読売新聞グループ本社(非上場)日本テレビホールディングス(9404)
広島東洋カープ松田家(個人)マツダ(7261)
中日ドラゴンズ㈱中日新聞社(非上場)エディオン(2730)
横浜DeNAベイスターズ㈱ディー・エヌ・エー(DeNA)ディー・エヌ・エー(2432)
※注釈

ジャイアンツ →読売新聞グループ本社がオーナー企業だが、グループ企業各社非上場。本拠地「東京ドーム」も三井物産の完全子会社化により2021年上場廃止。どこか関連会社ないか?と探したところ、ズブズブな関係である「日テレ」を発見。よって、代打「日本テレビHD」

カープ →なんと、松田家個人がオーナーなんですね!?その松田家はあの自動車メーカー「マツダ」の。。。こんな記事がありましたのでどうぞw →こちら

ドラゴンズ →中日新聞社がオーナー企業なんですが、こちらも非上場。というわけで、ドラゴンズオフィシャルパートナーの「エディオン」を代打で起用しました。

パ・リーグ

チーム名親会社今回採用する銘柄
オリックス・バファローズオリックスオリックス(8591)
千葉ロッテマリーンズロッテホールディングス(非上場)ZOZO(3092)
東北楽天ゴールデンイーグルス楽天楽天(4755)
福岡ソフトバンクホークスソフトバンクグループソフトバンクグループ(9984)
北海道日本ハムファイターズ日本ハム日本ハム(2282)
埼玉西武ライオンズ西武鉄道西武ホールディングス(9024)
※注釈

ロッテ →ロッテホールディングスがオーナー企業だが、グループ企業各社非上場。グループ企業である「クリスピークリームドーナツ(米国企業)」もありましたが、オーナー対決で米国企業助っ人は反則っぽいので、本拠地の「ZOZOマリンスタジアム」の「ZOZO」を起用。

スポンサーリンク

セ・リーグ球団オーナー企業比較

それでは、2021年のペナントレースの順位順に紹介していきます♪

㈱ヤクルト本社

事業内容:社名のとおり「ヤクルト」を主力とする食品メーカー。「食品事業」、「医薬品事業」、「化粧品事業」の3事業ですが、実際は収益のほとんどを食品事業(飲料)で稼いでいます。売上の約5割、利益の6割を国際事業で占めているグローバル企業です。

セクター:生活必需品

業績:やや右肩上がり

キャッシュフロー:安定感あり↓↓

営業キャッシュフローマージン:営業キャッシュフロー/売上高(どの程度稼ぐ力があるかを示す。ざっくりと、価格転嫁できているかの参考としてみることができます。薄利多売ではこの数値が上がらない)業種にもよりますが、だいたい15%が目安。下のデータを見ると、「まあまあ良い」でしょうか。

配当金:2011年と2012年の配当金が22円と据え置いており、2012年以降、9年連続増配となっています。(2016年は記念配当20円)連続増配サイコー!↓

配当利回り:1.01%(2022年2月28日時点)

配当性向:安心感抜群ですね!まだまだ増配余力十分です。

株主優待:自社製品の詰め合わせ(ジュース・麺等)、スワローズファンクラブ。

詳しくはこちら

自社株買い:こちらは気まぐれ?あまり期待できなさそうですね^^; ↓↓

株主還元:配当利回りは低いですが、連続増配は魅力ですね。配当性向はまだ低く業績が安定しているので、今後も増配が期待できそうです。株主優待は、球団オーナー企業のオーナーになると言う視点で見れば、スワローズファンクラブは面白いかもしれません。笑

自己資本比率:安心感のある。63.8%

株価チャート:2022年2月28日時点のものです↓↓

過去の水準から見ると、「高くも低くもなく」といったレベルですね。

阪急阪神ホールディングス㈱

事業内容:「阪急電鉄株式会社」、「阪神電気鉄道(←阪神タイガースの親会社)」、「阪急阪神不動産株式会社」等の持ち株会社となっています。これらに加え、ホテル業旅行業物流業、さらにあの「宝塚歌劇団」、「宝塚音楽学校」もグループに入っています♪

セクター:営業収益内訳のツートップは、鉄道=30%、不動産=31%、となっており、この内訳的には不動産業ですが、今回は阪神タイガースのオーナー企業としての選出であるため、「資本財セクター(陸運業)」とします。

業績:おおむね横ばいですね

キャッシュフロー:コロナによる外出自粛やホテル・旅行への影響きいです↓↓

営業キャッシュフローマージン:営業キャッシュフロー/売上高(どの程度稼ぐ力があるかを示す。ざっくりと、価格転嫁できているかの参考としてみることができます。薄利多売ではこの数値が上がらない)業種にもよりますが、だいたい15%が目安。つまり、下のデータを見る限り、「良い」とみなせます。

配当金:連続増配とまではいきませんが、累進配当(減配はしない)となっており、コロナで業績が悪くなっているにも関わらず、前年同等の配当金が支払われています↓(2013年から8年で2倍まで成長!増配率◎

配当方針:「安定的な配当を維持する」

配当利回り:1.45%(2022年2月28日時点)

配当性向:基本的に安全圏でしたが、コロナで利益が減少しても配当を維持しているため、100%を超えてしまっていますが、コロナが落ち着けば従来の水準に戻りそうです。

株主優待:阪急阪神グループ優待券、優待乗車証(回数カード)、(6200株以上保有で全線パス)があります。詳しくはこちら

自社株買い:こんなダメージ受けているのに、自社株買いしてますwよっぽど自信があるんでしょう!

株主還元:配当利回りは低いですが、配当を減らさず、赤字期でも借金してまで自社株買いを進め、株価を支えており、株主還元姿勢が非常によいですね!

自己資本比率:ちょっと低いですかね。33.1%

株価チャート:2022年2月28日時点のものです↓↓

コロナで落ち込んで以降、ざっくりと横ばいとなっており、比較的買いやすいレベルではないかと思います。

日本テレビホールディングス㈱

事業内容:「メディアコンテンツ事業」です。地上波テレビ広告収入が全体の6割を占めており、残りは「コンテンツ販売」、「物品販売」から成っています。

セクター:コミュニケーションサービスセクター。

業績:横ばい

キャッシュフロー:比較的安定感あり↓↓

営業キャッシュフローマージン:営業キャッシュフロー/売上高(だいたい15%が目安)。下のデータを見ると、「若干低め」でしょうか↓↓

配当金:安定した累進配当(減配はしない)となっています♪(2014年は開局60周年の記念配当5円

配当利回り:2.67%(2022年2月28日時点)

配当性向:安心感ありますね!36.4%↓↓

株主優待:hulu チケットがあるとかないとか。。。オフィシャルには公表されていないよう。

自社株買い:ほぼなし。期待できなさそうです^^;

株主還元:配当利回りまずまずの水準。累進配当は安心感があり、配当性向まだ大丈夫、業績が安定しているので、今後も今の水準は期待できそうです。

自己資本比率:安心すぎる。79.0%

株価チャート:2022年2月28日時点のものです↓↓

過去の水準から見ると、「安い」感じはありますが、上がるかどうかは疑問があります。者のテレビ離れは深刻ですし、高齢者向けにどこまで事業を続けられるか。もしくは若者向けの事業。。。

マツダ

事業内容:カープの赤を連想させる赤が際立つ「自動車メーカー」です。売上の約5割が海外が占めています。「Zoom-Zoom」が合言葉。

トマトちゃん
トマトちゃん

日本語の幼児言葉で車を意味する「ブーブー」

英語では「Zoom-Zoom」と言うらしい!

セクター:一般消費財。

業績:横ばい?利益が結構厳しそうですね。。。

キャッシュフロー:投資でどんどん出て行っちゃってるけど、大丈夫か?

営業キャッシュフローマージン:営業キャッシュフロー/売上高(だいたい15%が目安)。下のデータを見ると、「低すぎ!?」でしょうか。(参考:トヨタ約10%、ホンダ8%、日産16%)

配当金:2017年~2020年は35円の配当を維持していましたが、2021年に無配に転落。そうですよね。。。↓↓

(予想)配当利回り:1.74%(2022年2月28日時点)

配当性向:見るまでもないんですが、一応↓↓

自社株買い:ほぼなし。

株主還元:きつい。。。涙

自己資本比率:意外と許容範囲に収まる。40.5%

株価チャート:2022年2月28日時点のものです↓↓

下落トレンドを脱出して、今はヨコヨコのレンジ相場。とは言え。。。

㈱エディオン

事業内容:中部、西日本を地盤とし、家電量販店を展開する小売業リフォームにも強い。

セクター:一般消費財。

業績:(売上)横ばい

営業利益が見えにくいので、単体でピックアップ!緩く右肩上がり

キャッシュフロー:ここ最近は安定してきてます↓↓

営業キャッシュフローマージン:営業キャッシュフロー/売上高(だいたい15%が目安)。下のデータを見ると、「低く」見えます、小売業なので仕方ないです。ここ最近は安定感ありますね。

配当金:2015年以降、6年連続増配となっています♪(2021年は記念配当5円

配当方針:安定配当のもと、配当性向30%を目指す。

配当利回り:3.69%(2022年2月28日時点)高配当!

配当性向:目標どおりで良好ですね!

株主優待:エディオンで使えるギフトカード!100株3000円分→さらに、1年以上保有+1000円分優待利回り3.36% [株価1192円で算出])

詳しくはこちら

自社株買い:こちらは業績次第です。安定感はないですが、株主還元意識は良いですね! ↓↓

株主還元:配当利回り高く6年連続増配中!配当性向は低く、業績が安定していますが、目標としている配当性向30%を超えているため、どこまで増配できるかは今後の業績次第と言えます。株主優待のギフト券は近くに「エディオン」があれば超お得ですね!(なくても売れますがw)

配当金+優待ギフト券をトータルすると、6.21%高利回り!(1年以上保有7.05%超高利回り

自己資本比率:年々比率を上げ、安心感高まりつつある。50.2%

株価チャート:2022年2月28日時点のものです↓↓

過去の水準から見ると、「高くも低くもなく」といったレベルですね。株主還元を見ると安すぎる水準

㈱ディー・エヌ・エー

事業内容:「ゲーム事業」、「ライブストリーミング事業」、「ヘルスケア事業」等の多角経営IT企業です。これらに加え、「AIの研究開発」や「オートモーティブ事業(自動運転)」も手掛けています。

特に、ゲーム事業(プラットフォーム)の「モバゲー」やライブストリーミング事業の「ポコチャ」がよく知られています♪カーシェアサービスの「Anyca」やタクシー配車アプリの「Japan Taxi」もDeNAのサービスです。

セクター:コミュニケーション・サービスセクターです。

業績:営業収益は、ほとんどが「ゲーム事業」となっており、その他はほぼ赤字↓↓

コロナ前収益
コロナ後収益

↑コロナでベイスターズ等のスポーツ事業が赤字転落しましたが、ライブストリ―ミング事業で収益を取り返しており、多角経営が功を奏した形になっています。また、新規事業に含まれる「自動運転」は実験段階であるため今後に期待したいですね♪

収益と営業利益の推移はこちら↓↓

2013年までは右肩上がりでよかったんですが、それ以降は横ばいとなっています。

キャッシュフロー:営業キャッシュフローが減少傾向?なのが気になります。。。↓↓

営業キャッシュフローマージン:営業キャッシュフロー/売上高で目安が15%程度なのでデータを見る限り、「良い」とみなせます。↓↓

配当金:配当性向15% or 年間配当20円のいずれか高い方を下限とし、将来的には連結配当性向30%を目指し、継続的な配当を実施する基本方針。

配当利回り:1.32%(2022年2月28日時点)

配当性向:無理のない範囲であるものの。。。

自社株買い:あまり期待はできませんが、業績と株価次第か。

株主還元:配当利回り低く、配当も自社株買いも安定感はなく、業績次第。その業績も今のところ。。。

自己資本比率:グロース系企業ですが、意外と自己資本比率は高め68.4%↓↓

株価チャート:2022年2月28日時点のものです↓↓

過去の水準からは見ると「低い」ですが。

スポンサーリンク

セ・リーグまとめ

ここまでの結果を私の個人的な判断基準で表にまとめました↓↓

セ・リーグのオーナー企業6社を比較した結果、投資するなら、はい、エディオンです!(オーナー企業ではなく、オフィシャルパートナーですがw)高配当利回り+高優待利回り非常に魅力的ですね♪

純粋なオーナー企業であれば「ヤクルト」、「阪急阪神ホールディングス」の2択です。私なら配当利回りは低いですが、9年連続増配自己資本比率く、食品製造業でディフェンシブ銘柄の「ヤクルト」です!

パ・リーグは別記事で紹介したいと思います♪

この銘柄分析は私ちくわの偏った考えです。投資の参考というよりは娯楽感覚で捉えていただければ幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました